相続争い対策

遺言書の作成は、相続開始後にご遺志を反映するための唯一の方法です。相続税の観点も踏まえて、弊社がアドバイスいたします。

遺言書作成

「遺言」は愛するご家族へ贈る最後の「想いやり」です。遺言書を作成することによって、故人の遺志を伝える事ができるのです。
遺産分割協議を行うと、仲がいいと思っていた親族でも意外と争いが生じる場合があります。
まして、年2回程度しか会わないお嫁さんの立場でしたらお金の話をすること自体が難しい事になります。
遺言書の作成は、故人の意思を伝えるだけでなく、争いを防ぐためにも重要になってきます。
下記のイラストはトラブルの多い「兄弟相続」の事例です。
このような相続になる方は、財産の多寶に関わらず、遺言を作成されることを強くおすすめします。

相続争い対策