生前対策の4本柱 財産評価対策 生前贈与対策 相続争い対策 納税資金対策

生前相続対策は、「財産評価」、「生前贈与」、「相続争い」、「納税資金」の4つの視点からバランスよく検討することが大切です。

財産評価対策

相続財産は、その種類によって評価額が変わります。相続時における最適な財産構成をお客様の状況やご希望を踏まえてアドバイスいたします。

⇒具体例はこちら

生前贈与対策

生前贈与により相続時の財産を減らすことで、全体的な税負担を軽くすることができます。弊社でシミュレーションのうえ、効果的な生前贈与方法をご提案いたします。

⇒具体例はこちら

相続争い対策

遺言書の作成は、相続開始後にご遺志を反映するための唯一の方法です。相続税の観点も踏まえて、弊社がアドバイスいたします。

⇒具体例はこちら

納税資金対策

不動産などの流動性の低い財産が大部分を占めると納税資金が捻出できない可能性があります。納税資金の確保について、弊社がご相談を承ります。

⇒具体例はこちら