申告不要の配当は2回申告をして得しましょう

申告不要の配当は2回申告をして得しましょう

  申告不要の配当は2回申告をして得しましょう 上場会社からの配当は15.315%の所得税と、5%の住民税が差し引かれてから入金されます。仮に配当が10万円とすると、所得税15,315円と住民税が5,000円先に引かれるので、銀行口座には残りの79,685円だけが振り込まれます。 振り込まれるときにはもうすで …
「不動産の生前贈与」について

「不動産の生前贈与」について

不動産の生前贈与は登録免許税や不動産取得税が相続の場合より高いので、あまり実行されません。 登録免許税、不動産取得税 登録免許税(固定資産税評価額に対して) 贈与2.0%、相続0.4% 不動産取得税(固定資産税評価額に対して) 贈与1.5~4%、相続0.0% ※不動産取得税は土地と家屋、住宅用と非住宅用で異なります。 …
納税資金対策

納税資金対策

納税資金対策不動産などの流動性の低い財産が大部分を占めると納税資金が捻出できない可能性があります。納税資金の確保について、弊社がご相談を承ります。相続税は原則として、相続があったことを知った日(通常は被相続人が亡くなった日)から10か月以内に、 現金で支払う必要があります。例外として延納や物納がありますが、事前準備が必 …
相続争い対策

相続争い対策

相続争い対策遺言書の作成は、相続開始後にご遺志を反映するための唯一の方法です。相続税の観点も踏まえて、弊社がアドバイスいたします。遺言書作成「遺言」は愛するご家族へ贈る最後の「想いやり」です。遺言書を作成することによって、故人の遺志を伝える事ができるのです。遺産分割協議を行うと、仲がいいと思っていた親族でも意外と争いが …
生前贈与対策

生前贈与対策

生前贈与対策生前贈与により相続時の財産を減らすことで、全体的な税負担を軽くすることができる場合があります。弊社が試算してアドバイスいたします。生前贈与シミュレーション生前贈与は非常に効果的です。贈与税は税率が高くなっておりますが、タイミングを選べるため、きちんと計算すれば大幅に相続税を減らすことができます。浪費対策生前 …
財産評価対策

財産評価対策

財産評価対策 相続財産は、その種類によって評価額が変わります。相続時にどのような財産構成が最適かお客様の状況やご希望を踏まえてアドバイスいたします。 収益不動産の購入 現金や預金1億円は相続財産としても1億円の相続税評価額ですが、その1億円で収益不動産を購入すると、その不動産は財産評価基本通達によって評価され、購入価格 …
二次相続対策

二次相続対策

二次相続対策二次相続(財産を相続した配偶者の相続)で相続税が多額になる可能性があります。弊社が試算してアドバイスいたします。生前贈与シミュレーション配偶者が相続した財産については、1億6千万円まで無税となりますが、何も検討をしないまま「全財産を配偶者に」とか「法定相続分どおりで」という遺産分割は、相続税負担を増加させま …